杭州 寧波 蘇州 無錫 - ビジネス&情報サイト:中国OK! 中国OK!トップへ お問い合わせ 会社概要
中国OK!トップ中国ニュース > 社会 中国全土 |  上海市 |  浙江省 |  江蘇省
 
掲載:2007-09-06 00:49:44
家庭用電力消費は10年で2倍になり、 9割の家庭が省エネランプを使用
 
先ごろ、国家統計局上海調査本部は、上海の1000戸の都市住民に対して省エネに関する特定項目調査を行った。調査レポートによると、当市の家庭用電力は10年で倍になり、青年家庭(35歳以下)と高収入家庭のエネルギー消費が上位を占めていた。また、市民の省エネ意識はかなり高まっており、9割の家庭が省エネランプを使っていることが分かった。

電気量の増加の原因は何か?現在、当市1人当たりの住宅面積は10年前の1.8倍になり、暖房、通風、エアコン、照明のエネルギー使用が急激に増加したからである。また、家電製品の普及、発展により、家庭の電力使用量が増加している。昨年末までに、当市の100戸の住民はエアコン175台、テレビ179台、電気冷蔵庫104台を有している。またオーディオ、コンピュータ、電子レンジ、食器洗い機のなどの保有率も増加している。
    
上海市民の省エネ意識の向上は、今回の調査の中でさらに明らかになった。家庭での省エネの重要な方法の一つである省エネ製品の普及は、初めて効果を現わした。調査を受けた79.2%の人は、意識的に省エネ型の家電を買い、省エネランプ使用の家庭はすでに89.9%に達している。

調査によると、わずか1.1%の家庭が省エネ対策を採っていない。92.6%の家庭はこまめに電気を消し、83.8%がなるべくエアコンを使わないかエアコンの温度を調整し、88.9%が節水に注意し、44.9%はコンピュータ、テレビなどの電器を長時間にわたり待機状態にしない。98.5%は日常生活の中で省エネが必要であると思っている。どちらでも良い、あるいは必要ないと思っている人は1.5%に過ぎない。

2007.9.6 解放日报 (訳:Machiko.M)


天気
08日09日 
為替レート
中国元  (2012-01-16)
1万円 :
62407 元
100元 :
16.02 円
米ドル
1万円 :
10002 $
100$ :
99.98 円

スポンサードリンク
 
China OK!
ホーム会社概要サイトマップリンク集お問い合わせ個人情報取り扱いについて
Copyright (c) 2005 Y&Y, Information Square dpt. All Rights Reserved.