杭州 寧波 蘇州 無錫 - ビジネス&情報サイト:中国OK! 中国OK!トップへ お問い合わせ 会社概要
中国OK!トップ中国ニュース > 政治・経済 中国全土 |  上海市 |  浙江省 |  江蘇省
 
掲載:2007-02-16 03:04:06
中国富裕消費者は不動産と車を持ち、株には興味がない
 
マスター・カード国際組織が昨日発表した中国富裕消費者の第一回調査レポートによると、中国富裕消費者は若い人が主で、そのうちの大部分は不動産と自動車を持っている。しかし株券、基金や債券への投資者はあまり多くない。

この調査はマスターカード国際組織と中国国情研究所が共同で行い、対象は1万5千人、年収1万ドル以上、北京、上海、広州、天津、成都、重慶、武漢、南京、深セン、杭州に住む人に対してして行われた。富裕消費者は若い人が主で、62%が25歳から34歳、23%が35歳から39歳、40歳以下が全体の90%以上を占めている。65%の人が大学、大学院卒で、わずか7%が高卒である。

 目下、中国には数百人のトップクラスの富豪がいて、その中のさらに裕福な152の家庭の職業は様々で、うち35%の富豪家庭は不動産業、27%は製造業である。一方IT産業、製薬、メディア、旅行業は比較的少ない。

調査によると、インタビューを受けたほとんどがマンションを持ち、35%の人がマンションを2つ有している。10%の人がそれ以上有していて、5%の人がまだ自分のマンションがない。車は81パーセントの人が1台、8%の人が2台、1%の人が3台以上を有している。

収入は多いが財テクに関して富裕消費者は保守的であるとわかった。87%の人が定期預金の低リスク低リターンのモデルを選んでいる。48%の人が株投資、25%の人がファンド、22%の人が債権、18%の人が不動産投資をしている。新型金融商品の個人保険はすでに中国富裕消費者に受け入れられ、特に車の普及により、車保険と障害保険の購入はそれぞれ87%、60%である。調査によると48%の人が生命保険に入り、37%が医療保険、20%の人が財産保険をかけている。

2007.2.15 中国新聞网 (訳:M.Machiko)


天気
08日09日 
為替レート
中国元  (2012-01-16)
1万円 :
62407 元
100元 :
16.02 円
米ドル
1万円 :
10002 $
100$ :
99.98 円

スポンサードリンク
 
China OK!
ホーム会社概要サイトマップリンク集お問い合わせ個人情報取り扱いについて
Copyright (c) 2005 Y&Y, Information Square dpt. All Rights Reserved.